☆茶々ブログ☆    裏千家茶道教室【潮鼓庵】東京都大田区馬込文士村

ひよっこ茶人が日々のお稽古、茶事、呈茶、陶芸、茶杓削りなどなど茶の湯にかかわるあれこれを綴ります。 時には脱線しちゃうかも・・・

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

玉造温泉と玉作湯神社

宿泊は玉造温泉の佳翠苑・皆美。
ウエルカムドリンクは福来(ふくぎ)茶とこれまた縁起の良さそうな名前ですが、なんと黒文字なんだとか。
ちょっとクセがあって美味しかったです(買ってくる予定だったのに忘れました
IMG_0477.jpg
お部屋にも色々ご用意くださって嬉しいかぎり
IMG_0479.jpg
スタッフの方々も皆さん親切で気持ち良く過ごすことが出来ました。
DSC04271.jpg
日本庭園も素敵でしたし、茶道具の展示もあり老舗旅館ですがリノベーションされているので古さはさほど感じません。
IMG_0497.jpg
何よりお湯が柔らかくて、さすが美肌の湯
髪もサラサラになりました。

その美肌の湯を使った化粧品があると聞いて行ってみました。
その名も姫ラボ
IMG_0499.jpg
お客様が途切れることなく次々にやってくるところを見るとなかなかの人気のようです。
折角なので(またも折角理論)試しにゲルを買ってみました
効果のほどはどうでしょう?

川沿いを散策すると所々に足湯がかなり熱いそうなので源泉なのかな?
IMG_0501.jpg
中心には、触ると幸せになるという青メノウが
街の東側の花仙山から採れたものでは?と近くのお店の方が言ってました。
DSC04270.jpg
もちろん私達も触っておきましたよ~。

散策のお供には『アイスころっと』
IMG_0503.jpg
アイスクリームをコロッケのようにあげた、回りさくさくのアイスで色々な味があります。
ストロベリー味が美味しかった~。

玉造温泉街、散策の折り返し地点は玉作湯神社です。
IMG_0506.jpg
玉作湯神社の鳥居へと続く宮橋は別名「恋叶橋」と言われ、赤い欄干と一緒に鳥居が写れば恋が叶うとか
セルフタイマー用の台まで用意されていて至れり尽くせり。

こちらの神社には触って祈れば願いが叶うと言われる『願い石』が あります。
IMG_0508.jpg
また、こちらでは「叶い石」という石で作るオリジナルのお守りが人気です。
石は様々な種類があるようで、神社の方曰く『石に選ばれる』のだそう
IMG_0507.jpg
社務所で頂いた「叶い石」をご神水で清めた後、「叶い石」を「願い石」に触れて祈念
「願い札」に願いを書き、2枚複写なので1枚は守り袋に、一枚は納箱に入れて自分だけのお守り完成です。
自分で作るっていうのが良いですね。

こちらの神社は紅葉もとても綺麗でしたが
IMG_0510.jpg
境内どこも、とても気持ちが良くて本当に落ち着けます。
背後の山の方には玉造要害山城の跡もあるようでしたが
友人に恨まれそうなので(松本城に登らせたことを数年文句言ってたからね)今回は諦めました。

玉作湯神社の社務所の方に進められて、近くのおしろい地蔵様へ。
IMG_0513.jpg
自分の肌の気になる部分と同じところに、優しくおしろいを塗ってお願いすると聞いてくださるという
さすが美肌の湯の温泉街にあるお地蔵様です。
ソバカスっ子の私は頬の辺りにおしろいを塗り塗りして、少しでも薄くなりますように~。

こちらのお寺さんはお天気の良い週末だけですが近所のおばあちゃま達がお茶とお菓子でおもてなしして下さいます。
少しお話させて頂いたのですが、確かに皆さんお肌が綺麗
80歳のおばあちゃまもお肌つるつるぴかぴか。恐るべし美肌の湯

他にも神話にまつわるシーンを表現した『神話の情景オブジェ』があちこちに展示されていたり
恋叶の素(魚のエサ)をまいて鯉がやってくると恋が来る、恋来井戸(元はゆあかの井戸というみたい~)とか
半日のんびり楽しめました



スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://choukoan.blog.fc2.com/tb.php/564-0cc2841f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

茶々

Author:茶々
茶道裏千家準教授。
ウイークデイは税理士として働く傍ら
母親の潮鼓庵にて茶の湯を楽しんでおります。
実は身体が硬く、正座が苦手です(^_^;)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR